FC2ブログ

紫希の園。

牙狼について書き並べています…。あまり文才がないですが、お楽しみいただけたら幸いです!

<<やばいよ!更新してない!!←  | ホーム | リンク増えました☆>>

さて、リクもらったから・・・ 

2011.03.24

1333HITで、キリ番を踏まれたお方よりリクエスト頂戴いたしましたっ!!


最近のワタクシ、日常生活(学校)が大変でろくにサイト管理できず…
皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたorz


さて、リクエスト…とは
「ほのぼの系」


「ほのぼの」?

書けるかしら…



もうすぐ春なので…春らしく…してみます←

どうぞ、ご賞味あれ☆





春が冴島邸にも訪れた。

外に一歩出ると肌寒いものの、窓の外から「それ」を見るのには趣きがあった。

カオルは毎日飽きもせず、自室で何時間も眺めていた。

時には筆を取り、「それ」を真っ白なキャンバスに描く。

綺麗な色をした……桜だった。



舞い散る花に想うこと




桜はいつかは散ってしまう。

だが、誰もが口を揃えてこう言うのだ。

「散る姿も、また格別」

と。

鋼牙も同じことを言うのだろうか?

隣に座っていながらも、何かを発することのない彼はただじっとカオルを見つめていた。

「ねえ、鋼牙?」

「なんだ?」

「桜って…どういう姿が好き?」

「そうだな…」

鋼牙はそう言って黙ってしまう。

しかし、すぐに答えは返ってきた。

「姿ではないが…、想う者と一緒に見て、共に美しいと感じられる…。
 俺はそう思う。だから、桜は嫌いじゃない」

カオルはその答えに驚きを隠せなかった。

ホラー狩り以外に興味をさほど示さない彼が、こう言ったのだ。

鋼牙はカオルの華奢な体を引き寄せ、力強く抱き締める。

「それに…」

鋼牙は耳元で続きを言った。







「例え、花が散るとしても…また来年になれば綺麗に咲き誇る。
 俺は…お前と一緒に桜を見ていたいんだ」




…鋼牙にはやはりカオルの考えていることはお見通しだったのかもしれない。

面白くない、とカオルは思ったがそれでもよかった。

散るのは確かに美しい。

しかし、同時に寂寥感に見舞われる。

咲いてからあっという間に散ってしまう、桜。

この花を…毎年一度は鋼牙と見られることを祈って、彼の背に腕を回した。



















あとがき。


なんか…脱線した気がorz


「ほのぼの」言われたじゃん!

方向性考えろや!←


はい、反省してます。
ごめんなさいー!泣


ご満足いただけたでしょうか?

北の大地、咲くのは私の地域では5月ごろ…。

この時期はまだ雪が残っており、道路は滑り止めに使用したであろう砂利が残っているという…
とてもじゃないけど、観光客の皆様方にはお見せできない状況です!
(じゃあ現状書くなよ…)

このお話で皆様の心が少しでも温まっていただけることを信じて…

またお書きします☆
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://firefry120.blog.fc2.com/tb.php/34-4c598966

 | ホーム | 

プロフィール

早野紫希

Author:早野紫希
・純度100%道産子
・無気力なダメ学生

…大好きなものはあえて書かないw

相互リンク大歓迎です☆


不備・質問等のご用件がありましたら、下記アドレスにご連絡ください。


makoto.hayano@gmail.com

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
今日は
訪問回数表示
検索フォーム
RSSリンクの表示