FC2ブログ

紫希の園。

牙狼について書き並べています…。あまり文才がないですが、お楽しみいただけたら幸いです!

<<思いつかん!!  | ホーム | 存在価値 Part4>>

花言葉 

2011.02.10

っと。

ここでようやっと、このブログの使い方をマスターしたワタクシ…。


遅いですよね・汗



すみません。


今回のお題は私のとある教科書に記載されている「花言葉」がメインです。
(っていうか、花言葉が載ってるっていう教科書って何さ)


ごめんなさい、つい心の声を書いてしまいました。


それでは、ものすっごくグダグダになると思いますがお楽しみくださいm(_ _)m













花言葉



ついこの間、偶然花屋の前を通った。

何気なく花を眺め、買うわけでもなくじっと見つめていた。

その時、不意にある花を見つけた。

それはペチュニアという鉢花だった。

ペチュ~1


「きれいでしょう?」

店員さんの言葉に私はひとつ頷いた。

『あなたといると心が休まる』

ペチュニアの鉢の中に刺さるプレートに書かれた花言葉。

小さくて可憐な、しかし存在感溢れる赤白様々な花。

見ているととても心が惹かれる。

買いたい衝動にも駆られた。

買って、鋼牙に見せたい。

見せて、花言葉を伝えたい。

今の私の…御月カオルの、本心だった。

「これ、この赤いのください」

値段は少々高めの800円。

小さめの鉢にしてはふんだくり過ぎではないかと思う。

でも、それでも良かった。

鋼牙にあげたい。

ただそれだけだったから。



買った花をぶら下げ、鋼牙の待つ家へと帰る。

いったいどんな顔をしてくれるだろう。

いったいどんな言葉を返してくれるだろう。

楽しみで仕方なかった。

「ただいまー」

いつもどおり扉を開けて騒々しく帰りを告げた。

目の前には変わらずゴンザさんのお迎えがあって、リビングにはきっと鋼牙がいるんだろう。

ねえ、鋼牙。

あなたの側が、私の居場所でいいんだよね?

私があなたの側が一番安心するように、あなたも私の側で安心してほしい。

そのために、この花を買ったの。

いつかでいいの。

私の小さな想い、それに気づいてね。










あとがき。



今回はカオル目線となりました…。


いやあ、
資料がなさ過ぎ!!



教科書とネットでよく掲載されている写真だけが頼り…


行き当たりばったりで書くものではなかったです(+ +;)


さて、お楽しみいただけたでしょうか?


これは鋼牙×カオルという次元ではないですね。

鋼牙が出せなかったのが非常に残念です。



でも、これはこれでアリかと。


お付き合い頂き、ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト



テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 実は 

お気遣いありがとうございます!!

実際、私も農業系統の学校に通っているので「ちょうどいいや!」ってノリで…書いてました…。

退屈な授業中に何を考えているのかとばれたら先生に怒られそうですが…(+ +;)

訂正して張らせていただきます☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://firefry120.blog.fc2.com/tb.php/9-666276ce

 | ホーム | 

プロフィール

早野紫希

Author:早野紫希
・純度100%道産子
・無気力なダメ学生

…大好きなものはあえて書かないw

相互リンク大歓迎です☆


不備・質問等のご用件がありましたら、下記アドレスにご連絡ください。


makoto.hayano@gmail.com

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
今日は
訪問回数表示
検索フォーム
RSSリンクの表示